グルコサミンは小林製薬をチョイス【グッドセレクションガイド】

男女

女性につらい時期です

緩和を心がけましょう

薬

女性は閉経時期が近づくにつれて、さまざまな体の不調が表れます。日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合を更年期障害といい主な症状の一つにイライラが挙げられます。その他に顔がほてるようになるホットフラッシュや不眠、うつなどが症状として表れる人もいます。軽度のものから重度のものまで人によって症状はまちまちなのが特徴です。多くの女性が悩む更年期のイライラは自分ばかりでなく、家族や大切な人にも影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。完全に緩和することは難しいですが、日々のちょっとした工夫で抑えることが可能です。例えば、アロマセラピーなどで女性ホルモンを整える働きのあるものを取り入れたり、朝日をあびて、自律神経を刺激するなどがおすすめです。そのほかにビタミンやミネラルの多い食事を心がけることも大切です。

良い日と悪い日があります

更年期の症状はその日によっても違いがあり、イライラが重い日やそうでない日の違いもあります。天気や日常生活のストレスなどにも左右されるため、イライラがひどいときには対処療法で軽減しましょう。また、人それぞれの気質によっても更年期の症状の表れ方に違いがあります。今まではイライラしなかった些細なことに腹をたてたり、不安や心配が増大する人も多くいます。また、ネガティブな感情が起こりやすく落ち込みやすかったり、不眠に陥る人も多くいるのが特徴です。こうした状況に対応する方法は婦人科などでホルモン療法を行ったり、プラセンタの皮下注射を行ったり、ホルモンバランスを整えるサプリメントなどが有用だとされています。

Copyright©2015 グルコサミンは小林製薬をチョイス【グッドセレクションガイド】 All Rights Reserved.