グルコサミンは小林製薬をチョイス【グッドセレクションガイド】

男女

今注目される新成分とは

効果に個人差があります

男女

女性ホルモンを増やす方法にはホルモン療法や、最近人気のあるプラセンタエキスでの治療のほか、大豆イソフラボンを摂取する方法がよく知られています。ところが大豆イソフラボンを摂取して女性ホルモンを増やす方法には、ずいぶん効果に個人差があることがわかってきました。例えばみそ汁や納豆、豆乳などの大豆製品を積極的に摂ったり、あるいは大豆イソフラボンのサプリメントを摂取している人の場合、女性ホルモンが増やせる人とそうでない人がいることが判明したのです。女性ホルモンを増やす方法では大豆イソフラボンを摂ることが、更年期障害や月経困難症などを改善するのに効果的だと言われてきましたが、大豆イソフラボンを摂っても全く効果が現われない人がいることもわかってきました。

新成分エクオールとは

そこで最近の研究結果で分かってきたことが、大豆製品やサプリメントなどで大豆イソフラボンを摂った場合、腸内の特定の乳酸菌によって女性ホルモンが増やせるようになるということです。その特定の乳酸菌には多くの種類がありますが、ラクトコッカス菌というものが知られています。その乳酸菌が大豆イソフラボンから女性ホルモンを増やすのに効果的な成分、エクオールというもの作り出すことで初めて効果を発揮するのです。ところがエクオールを作り出すことのできる乳酸菌が腸内にある人は、女性の2人に1人しかいないということがわかってきました。つまりいくら大豆イソフラボンを摂取しても、女性ホルモンを増やすことができない人が女性の50%も存在するのです。そこで最近ではエクオールそのものを摂取できるサプリメントが登場しています。そして特定の乳酸菌を摂るよりも、エクオールそのものを摂ることが、女性ホルモンを増やす方法として有効であることがわかっています。ちなみにこの特定の乳酸菌があるかないかは、ネットやドラッグストアなどで検査キットも販売されていますので、検査結果次第でエクオールを摂取するのが望ましいでしょう。

Copyright©2015 グルコサミンは小林製薬をチョイス【グッドセレクションガイド】 All Rights Reserved.